かなふくな日々ブログ

葬儀の豆知識 2020.12.03

家族葬ってドコまで呼べる?

【”家族葬”って家族だけ??】

 

最近のコロナの関係で、今やほとんどが【家族葬】と言っても過言ではありません 

 

じゃあ、この家族葬。どこまで呼んでいいの??

 

って言うのが素朴な疑問としてあると思います 

 

実際の所、どうなのか・・・・・

 

今回はそんなテーマでお話したいと思います 

結論から申し上げますと・・・

 

家族・親族が中心なら『誰を呼んでもかまわない 』って事なんです 

 

意外でしょ 

 

 

以下、Wikipediaより引用↓

家族とは?《家》によって結ばれた繋がり・共同体」のことであり、一般的には「夫婦や親子その他の血縁」「同じ家に住み生活を共にする者」という意味合いまで含めて用いられる表現】

 

とありますが、 家族葬” を定義すると、参列者は同じ家に住んでなきゃダメとか血縁関係がなきゃダメという話ではありません 

 

どこの葬儀屋さんでも、厳密に『〇親等以内まで 』と規定している所は多分無いと思います。

 

いちいち調べると言う事もしてないでしょうし、もし来てしまった人に『あなたは長男のお嫁さんの兄弟の子供だからお帰り下さい 』とか『ご近所さん?いやいや、家族葬なんですけど (出口はアチラです  』なんて言えます?

 

普通言えませんよね 

 

ほとんどの葬儀屋さんの【家族葬】の定義が、【家族・親族を中心とした小規模なご葬儀としてると思います。

 

弊社の場合はプランによって想定されるお人数は違いますが、例えば2日間執り行う【家族葬プラン】であれば 概ね20~30名様程度のご葬儀を家族葬と定義しております。

 

つまり その範疇であれば『どなたが来られても大丈夫ですよ~ 』って言うのが当社のスタンスです。

 

なので、家族葬だから家族(親族)以外は絶対来ちゃダメ って事ではありませんから安心して下さい 

 

 

また余談にはなりますが、周りに『家族葬で執り行います 』って言って、

 

『こいつ親の葬儀を安く済ませようとしてるな 』

 

なんて思われる事も絶対にないです 

 

 

少し前に芸能人の渡哲也さんがお亡くなりになられた際、やはり【家族葬】だったとニュースで知りました。

 

あの伝説の『西部警察 』の大門でもそうなのですから、一般人が家族葬で行っても誰も文句は言いません(私が言わせません )

 

はい、今回は『ドコまで呼べるの?家族葬』っていうテーマでお話させて頂きました。

 

結論は、『誰呼んでもOK 』と言う事です 

 

ご参考にしてみて下さい 

 

~『死』を学び『生』に活かす~

葬儀屋社長の独り言。

葬儀のかなふく 鈴木隆 

Instagram▼

https://www.instagram.com/souginokanafuku/

Twitter▼

@葬儀屋社長のつぶやき

facebook▼

https://www.facebook.com/kanafu